会社設立すれば社長になれる

サラリーマンにとって課長や部長という役職に憧れを抱いている方もいると思います。そんな人にとって社長はまさに雲の上の存在と言って良いでしょう。
長年、企業に勤めていると大体将来の見通しが持てると思います。中にはいずれはリストラ候補に入れられそうだという人もいるかもしれません。
そうなれば一気に失業者への道を転げ落ちていくでしょう。
ですが、そんな場合でも自分で会社設立をすれば、社長になることができます。
自分で会社を作るのは決して難しいことではありませんし、費用もそれほど掛かるわけではありません。
ですから、その気になれば誰でも社長になることが出来るのです。ただし、会社を作るのは簡単ですが、それを維持するのは決して簡単なことではありません。
実際、設立後、5年持ちこたえる会社は2割もないというのが現実なのです。
せっかく会社社長になっても、すぐにつぶれてしまっては何もなりません。
そのためには日々、生き残りのために努力をしていくことは欠かせません。会社を作って社長になりたいと考えている人は少しづつでも経営のことを勉強していきましょう。
特にどうすれば会社を維持できるのはを重点的に学ぶことが重要です。特に集客と営業は必須の課題だと言えます。