会社設立に必要な手続きと費用

会社設立に向けて準備を始めているという方、会社設立に必要な手続きと費用についてもういちど確認してみてはいかがでしょうか。
以前なら、終身雇用で勤めた会社で生涯働くというのが、日本ではスタンダードな働き方といわれていましたが、現在は働き方も大きく変化して、自分で会社設立をする人、フリーランサーとして個人事業主となり働く人も増えています。
そのため会社設立に向けてどのような準備が必要なのか調べておく必要があります。
また、会社設立するのに、行政からの支援もあります。福岡県などでも会社設立をする新規の参入者に対して支援を行っていたりするので、こうした情報も集めましょう。

会社設立をするためには決定力と行動力が必要です

サラリーマンをしている人の中には、起業したいと思っている人もいると思います。というより誰もが一度は自分の会社を立ち上げて経営者になることを夢見たことがあるかもしれません。ですが、そうやって夢想する人は多くても、実際に起業する人は少ないのが現実です。やはり会社設立には行動力が必要です。思い切ってやってみるという思い切りの良さが無ければ、なかなか会社を作るという行動を起こすことはできません。会社を立ち上げるにはやると決定して実行する、これが必要と言うことですが、実際この決定力と行動力は経営者になってから最も必要となる能力です。経営者は日々、小さなことから大きなことまで、いろいろと決定しないといけません。この決定力がないというのは経営者の資質として大きな問題となります。ですから、起業するためにはこうした決定力と行動力を磨く必要があります。実際、成功した経営者の多くは瞬時に判断する力を備えていることが多いものです。起業したいけど迷っていてできないという状態は経営者としての資質がないのかもしれません。やると決めれば実行するのでなければ、厳しい会社経営を続けることなどできないのです。その点をよく理解して決定力と行動力を磨きましょう。

会社設立に際する会社名の決め方

会社設立を行うにあたり、会社名を決める必要があります。
これを決めるのは創業者の特権ですが、かなり頭を悩ませるポイントでもあります。
まず参考にしたいのが、「5I(ファイブアイ)」です。
これは、ネーミングのルールで、「Impact」「Interest」「Information」「Impression」「Idea」の頭文字を取った物です。
それぞれ、「インパクトがある」「興味を持たせる」「多くの情報が込められている」「記憶に残りやすい」「優れたアイデアがある」という意味になります。
これらを満たした会社名がベストといえますが、そう簡単に思い付ける物でもありません。
なかなか浮かばない場合は、「覚えやすい」「発音しやすい」という二つのポイントに絞るのもよい方法です。
社名が覚えにくかったり、聞き取りにくかったりすると、それだけでマイナスの印象を与えかねません。
また、注意しておきたいのが、「登記法上のルール」です。
一昔前と比べると、かなり緩くなっていますが、「どこかに○○会社という文字を入れること」「○○事業部など、会社内の一部門を表す文字は使えない」「NTTなど、多くの人が知っている名前は使えない」などの規制があります。

会社設立時に決めておきたいこと

昨今社会的信用度や節税対策などによって起業を検討する方が増えているといわれています。しかしいざ会社を設立しようと考えても知識がなければ何も出来ないため、設立を検討した時点で決めておくことを知っておくと良いでしょう。
まず決めておきたいのはなにを取り扱うのかという事業目的です。書類には目的を具体的に記載する必要がありますが、今の時点で予定していることだけでなくしばらくして取り掛かる予定のものについても記載しておくと良いといわれています。また、中には行政庁の許可が必要となる事業もあるため事前に許可が必要な事業なのか確認しておくことも大切です。
次に会社の名前、つまり商号も決めておくと良いでしょう。会社の顔と呼べる存在なため適当につけるのではなく覚えやすい響きであったり、ホームページを作ることを見越してドメインが使えるかといった点を踏まえて決定すると良いかと思います。ちなみに会社設立には株式会社以外にも合同会社や合名会社といった種類があるため、どの組織形体が自身に向いているのか確認しておくことも大切です。それによって税理士や社労士、司法書士など手続きを依頼する先が変わる場合もあるため、しっかりと決めておきましょう。
それらが終わると印鑑作成や資本金額の決定などより具体的な事に移ります。会社設立はスピードが命ともいわれているため、事前にしっかりと決めることを決めて会社経営を始めたいものですね。